アクア生活

魚介類を中心にしたまとめサイト。~豆知識から水族館まで~

水族館

知ってないと後悔する!? 水族館で会えるウミガメ!

投稿日:

♪むっかし むっかし うっらしっまが~♪ 
助けたのは、亀でした。

はい! 今回のトピックは、日本人みんな大好きウミガメさんです。
竜宮城連れて行ってもらうために太郎はウミガメの背に乗せてもらいますね。

その浦島太郎伝説によって、我々日本人は幼い頃から教育されてきたわけです「ウミガメは乗るもの」と。
しかし本物のウミガメを見つけても絶対に乗ってはいけませんよ。NO! 動物虐待!

そんな雄大なウミガメ。もちろん、いろんな水族館で会うことが出来ます。
しかし、やみくもに会いに行ってもお望みのウミガメシーンに出会えるとは限りません。
実は、ウミガメって水族館によって展示のされ方が大きく違うんです。
事前情報なしでは、イメージと違い、がっかりしてしまうかも!?

大ウミガメが見たい? 子ウミガメが見たい? ウミガメに餌やりをしたい?
あなたがイメージするウミガメ像に一番近い水族館をここでチェックして下さいね!

ウミガメに一番近い!? 新江ノ島水族館

♪タッチ タッチ カメにタ―ッチ♪ できるのは神奈川県の新江ノ島水族館です。

ウミガメの飼育を“旧”時代から行ってきた江ノ島水族館。“新”に進化してからウミガメの地位が爆上がりして「ウミガメの浜辺」というオシャンなゾーンが作られました。“旧”時代は立方体みたいな狭めの水槽にわらわらと入っていたのです。展示より研究に力を入れていたんでしょうね。

ウミガメの浜辺をぐるっと木製風のスロープが取り巻いています。あなたはウミガメがゆったりとプールに浮いているのを眺めながらウミガメに接近することが出来ます。最終的には目線の高さにウミガメの顔が。タッチせずとも大接近可能です。

ただ、ここのウミガメ、あんまり動いているイメージがないんですよね……。お食事時以外は本当にのんびりしているので、オールウェイズ・アクティブなウミガメさんに会いたい方は次の水族館へGOです。

元気100倍! 子ウミガメならここ! 鴨川シーワールド

次に紹介させていただくのが、千葉県は鴨川シーワールド

ここには「ウミガメの浜」というオシャンなゾーンがあります。おや? どこかで聞いた名前ですね……。詳しくはあえて突っ込んでおりません。あしからず。

さて、このウミガメの浜ゾーンのウミガメもやっぱり泳いでいるイメージが薄いんです。

その不動振りたるや大きなウミガメは泳がないというデマが発生しそうなくらいですが、そこはご安心あれ。

しながわ水族館に行くとオールウェイズ・アクティブな大ウミガメさんがいらっしゃるので、お手軽に済まされたい方はそちらへGOです。(しな水は水族館のスーパー的になんでも揃っています)

話をシーワールドに戻します。

目的の動く子ウミガメさんは「ウミガメの浜」ではなく、別の場所にいます。
オールウェイズ・アクティブな子ウミガメのオアシスとは。その名も「トロピカルアイランド」! 

ここは順路の真ん中に巨大な水槽がドーンと鎮座、浜辺から徐々に深くなっていく設計です。

ここに住んでいる子ウミガメさんたちが浜辺からあなたをお出迎え! そしてヨチヨチと浅瀬にイン! それをニコニコと追いかけるあなた。小さな鰭を搔いて進んでゆく子ウミガメさんたち。うーん、かわいい!

最終的には目線の高さで元気に泳ぎ回る子ウミガメさんを目の当たりにする事が出来ます!
う、うわーっかわいい!(語彙力)

特筆すべきなのが、トロピカルアイランドの内装です。天井は高く、浜辺は美しく。南国風の心踊る空間デザイン。クリスタルの水の中、乱舞する熱帯魚たち。そして子ウミガメさん。

水中から見上げる水面のきらめきと水中世界の生のざわめきに、たまらず圧倒されてしまいます。
ほら。行きたくなってきたでしょう? 東京駅から約2時間! (by公式)

ダイナミック海亀! 美ら海水族館

♪うーみーがめよ~(熱唱)

上からも下からもパーフェクトにウミガメさんを堪能したいというあなたには沖縄県の美ら海水族館(ちゅらうみ)がオススメです。オキちゃん劇場の隣にウミガメ館とマナティ館が連立政権状態です。

ここのウミガメ館は本当にすごい。上から覗くのもいいですけど私は断然水中派です。眼前に広がるウミガメの世界。雄大な泳ぎを見せてくれるウミガメさんたちに、思わず時間を忘れて見入ってしまうこと間違いなし。

まさにパーフェクト・オブ・ザ・ウミガメワールド!
インスタ映えします。

海洋博公園の中にあるので、観光面はバッチリ。沖縄の美しい海のすぐそばです!
沖縄まではちょっと……、という関東住のあなたにはやはりしながわ水族館をオススメします。トンネル水槽にいます。

ウミガメに餌やり体験できる水族館一覧

ウミガメさんにごはんを差し上げたい。

そんな大それた願望を満たす水族館を2018年12/25時点でまとめました。

へー、この人クリスマスにこんな記事書いてるんだぁー? べっ別に? 関係ないもん、うち寺だから!(サンタ服よりも真っ赤な嘘)

・【青森県】浅虫水族館:産地直送体験メニュー 1日1回 定員1名 500円

・【福井県】越前松島水族館:ウミガメ館にていつでもOK! 100円

・【静岡県】下田海中水族館:ウミガメ池にて 100円 情報が古い webサイトが重い(要確認)

・【愛知県】南知多ビーチランド:ウミガメプール 有料 毎日開催?(要確認)

・【高知県】桂浜水族館:本館中央プールにて 100円

・【岡山県】渋川マリン水族館(市立玉野海洋博物館):カメ池(本当にこう書いてある)にて 100円 公式Webサイトがない(驚愕)

・【鹿児島県】奄美海洋展示館:「美しい奄美の海」にて 詳細不明ですが目玉っぽいです

以上です。
これら以外にも餌やり体験をする事のできる水族館があるかもしれません。
その場合は教えてくださるとうれしいです!

まとめ

調べていて、本当にいろいろなウミガメ展示があることがわかって、私も行ってみたくなりました!

・ウミガメに触れるのは新江ノ島水族館
・子ウミガメを見るなら鴨川シーワールド
・餌やり体験を行っている水族館は全国で7カ所ほど(期間限定でやっているところも)
・しながわ水族館は地味ながらウミガメを眺めるにはもってこい

あなたに良きウミガメ体験が訪れますように!

-水族館

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サメ見学?! ここはおさえておきたい日本の水族館!

一年通して彼女さんとのデートや家族旅行としてぴったりな観光スポットの水族館! 様々な海の生き物が見られる水族館でひときわ存在感を放っているこの生き物! すばり、『サメ』 一般的なイメージとしてはとても …

イルカ?クジラ?今さら聞けないアイツらの正体をすっきり解明!?

イルカショーで活躍してくれるイルカたち。とってもかわいいですよね! イルカに会いたくてわざわざ水族館を訪れる人も少なくないはず。 しかし、いざショーが始まると、なにやらイルカじゃない生き物が一緒に泳い …

「うつぼ」って食べられるの?気になる味と調理方法をご紹介!

水族館等で見ることのできるうつぼですが、その生態や味について知っていますか? 一見地味に見えますが、意外と子供たちに人気ですよね。 水族館などでもうつぼの水槽の前に子供たちが座りこんでいるのをよく見か …

マンタは世界最大のエイ。優雅でカワイイ人気者、そんな魅力をご紹介!

みなさんはマンタという魚をご存知ですか? 水族館で大人気、国内では沖縄県などの海でマンタに会えるスポットがありダイバーたちを魅了している生き物なのですが、その生態にはまだまだ不思議があるようです。見た …

水族館の人気者「チンアナゴ」の名前の由来って?気になる生態は?

数多くの水族館で飼育されているチンアナゴ。砂から体を覗かせてゆらゆら揺れている姿がなんとも言えず可愛いですよね。 名前も見た目もちょっと不思議なチンアナゴですが、あまりその生態は知られていないような気 …