アクア生活

魚介類を中心にしたまとめサイト。~豆知識から水族館まで~

料理 雑学・豆知識

知ってた?「明太子」と「たらこ」その違いと歴史とは

投稿日:2019年1月3日 更新日:

ご飯のお供に嬉しい明太子とたらこ。炊きたてであつあつの白いご飯にのせて……
想像しただけでお腹が空きませんか?塩気があるのでお酒のおつまみにもいいですよね!

明太子もたらこも、タラの卵を漬けた食品です。しかしこのふたつの違い、詳しくわかりますか?

たらこはともかく、そもそも明太って何なんだろう……。

ここでは、そのふたつの違いや語源、歴史に触れていきます。きっと食べたくなること間違いなしなので、最後におすすめレシピもご紹介します!

北海道産が有名!「たらこ」

赤いダイヤと呼ばれることもある「たらこ」とは、

スケトウダラの卵巣、またはそれを塩漬けにしたもの

をいいます。「タラの子=たらこ」そのままですよね。

江戸時代の前期にはすでに食べられていたとされていますが、日本全土に広まったのは明治後期ころで、比較的新しい食べ物とも言えます。

北国、特に北海道産のものが有名で、11月~1月にかけての寒い時期が旬です。
ピンク色でツヤツヤのたらこ、とっても美味しいですよね!

博多名物「辛子明太子」そもそも明太って何?

さて、「明太子」と耳にしたとき、何をイメージしますか?一味がかかっている?ピリッと辛い?そんなイメージをしたあなた。実はそれは、「辛子」明太子なのです!

たらこは北国の名産品なのに、明太子は博多の名産品……不思議ですよね。「明太子」というのは明太魚の子、という意味です。では明太魚とはどんな魚なのでしょうか?

朝鮮半島からもたらされた「明太子」

朝鮮半島で明太魚と呼ばれる魚はずばり、スケトウダラです。ミョンテ、メンテなどと読みます。つまり「明太魚の子=明太子」たらこの別の呼び名と言ったところでしょうか。

ただ、一般的には明太子は辛いもの、たらこは辛くないもの、という認識がありますよね。これは、

スケトウダラの卵を唐辛子などで漬けた「辛子明太子」

が省略されて、そのまま広まったためだと言われています。
そういう私も、辛子明太子の事を略して明太子と呼んでいました……。

いつから広まった?辛子明太子

日露戦争終戦後~太平洋戦争中に運行されていた、韓国・釜山と下関、また、中国と日本を繋ぐ連絡船。これを経由して明太魚の卵の辛子漬けが輸入されました。韓国から輸入されていた辛子漬けは、タレと唐辛子に漬け込まれた、今の「キムチ」に近いものだったようです。

その後、昭和20年代に国内では初めて、日本風にアレンジされた辛子明太子が発売されました。昭和30年代中ごろ~からは次々と辛子明太子を扱う会社が増え、ついに昭和50年、山陽新幹線が博多と東京を繋ぎ、そこから全国的に「辛子明太子」が広まったのです。

ぴりっと辛くて食欲を誘う辛子明太子の普及に一役買ったのは、夢を乗せた新幹線でした。
ちなみに、輸入されてすぐのころの辛子明太子は「まぶし型」、今ポピュラーなものは「漬け込み型」というそうです。
日本風にアレンジされたものにはにんにくが使われていて、その香りでまたご飯が進みますよね。

おすすめ!明太子&たらこレシピ!

明太子とたらこ、食べたくなってきませんか?ここでおすすめの明太子&たらこを使ったレシピを紹介します。お好きな方を使って作ってみてくださいね!

・簡単!明太 or たらこパスタ(2人前)
明太子かたらこ2腹分と、バター2~30g、牛乳大さじ3~4(生クリームにするとよりコクが出ます)、めんつゆ、または醤油大さじ半分をフライパンで温めます。焦げないように弱火にしましょう。茹で上がったパスタと和えて、お好みで刻んだ海苔か大葉を乗せたらできあがり!

・おつまみにも!タラモサラダ(2人前)
大きめのじゃがいも一つを洗って、電子レンジ(600w)で2~3分加熱します。串を通して火が通ったことを確認したら、皮を剥いて粗めに潰します。明太子かたらこ1腹弱、マヨネーズ大さじ1、お好みで塩とこしょうを加えればできあがり。おかずにもおつまみにも!

まとめ

意外にも知らなかった明太子とたらこのこと。簡単にまとめると

1. スケトウダラの卵の塩漬け=たらこ、江戸時代から食べられていた!

2.「明太子」もタラの卵という意味だが、今は「辛子明太子」の略称として使われている

3. 日本の辛子明太子のルーツは韓国。博多から全国に広まったのは新幹線のおかげ

4. 明太子もたらこも寒い時期が旬!

これが明太子とたらこの、違いと歴史です。今までなんとなく区別していたふたつも、知ることでもっと身近に感じますよね。

そのままでももちろん、アレンジしてもおいしい明太子とたらこ。ぜひ今日の食卓に登場させてみませんか?

-料理, 雑学・豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分で魚がさばければこんなに楽しい!さばき方のコツは?包丁の使い方は?

突然ですが、あなたは自分で「魚」をさばけますか? お店によっては、切り身で買うよりも1匹丸々買った方が値段も安かったりするので、1匹買いたいなと思っても、自分ではさばけないし、店員さんにわざわざお願い …

イカの目について知ってる?ちゃんと見えてる?その構造は?

「イカ」を丸々1杯買って調理したことはありますか? 調理済みのものや、切り身になって部分だけ売っている時には見ることのない、イカの大きな目にびっくりする人も多いのではないでしょうか? 体の大きさに対し …

同じじゃないの?鮭とサーモン、トラウトと鱒…その違いとは

スーパーの鮮魚コーナーに行くと、「鮭」「サーモン」「トラウト」「鱒」…と色々な表記がされているのに、見た目はほとんど同じオレンジ色の魚で、わけがわからない!なんてこと、ありませんか? 鮭は焼き鮭もある …

鮒を使ったお寿司?鮒寿司の歴史と食べ方!

鮒寿司を食べたことはありますか?西日本では昔から食べられていましたが、関東以北の方にはあまり馴染みがないかもしれませんね。 独特のにおいとコクのある酸味が癖になる鮒寿司。ここではその歴史と、食べ方につ …

アンチョビはそのまま食べられる!?食べ方と保存方法について

「アンチョビ」ってご存知ですか? 何となく聞いたことあるな、という人は多いと思いますが、あらためて「アンチョビとは?」と聞かれたらちゃんと説明できないかもしれません。 でも、普段からパスタやサラダ、ピ …