アクア生活

魚介類を中心にしたまとめサイト。~豆知識から水族館まで~

料理 雑学・豆知識

「青箭魚」とかいて何と読む?サゴシとサワラの違いとは?

投稿日:2019年5月22日 更新日:

いきなりですが問題です!「青箭魚」と書いて何と読むでしょうか?

クイズ番組の最終問題に出てきそうな難問ですね。「こんな単語初めてみた!」「えー!これって何て読むの?」と思った方も多いはず。 漢字の読み方って、日本語って本当にむずかしいです。

「青箭魚」は「サゴシ」と読みます

魚の名前なのですが、あまり魚を食べない方はサゴシという魚にピンとこないかもしれません。

知っている方でもサワラと似た魚くらいの認識でいる方も多いのではないでしょうか。

今回はこの「サゴシ」という魚とサワラとの関係についてお話します。

サゴシとはいったい何者?

結論からいうとサゴシはサワラです。サワラの子供がサゴシと言ったらわかりやすいでしょうか。

サワラはブリと同じ出世魚といわれ、成長するにつれて名前が変わっていく魚です。地域によって少し違いますが、サゴシ(サゴチ)、ヤナギ(ナギ)、サワラと呼び方が変わります。

サワラはだいたい1年で40~50センチ、2年で60~70センチ、3年で80センチほどの大きさになるのですが、それに合わせるように呼び方も変わっていきます。

サワラは成魚になると1メートルを超える大きな魚で、寿命はオスで6年、メスで8年ほどだといわれています。

出世魚サワラの生態

サワラはスズキ目サバ科に属する魚です。

カツオやマグロも同じサバ科の仲間で、カツオやマグロと同じように背中から尾にかけて小離鰭(しょうりき)というギザギザのヒレがあり、泳ぐのがとても得意な魚です。

細長い剣状の体に黒い斑紋があるのが特徴で、カタクチイワシやいかなごなどの小魚を食べて育つ肉食の魚です。

大きな口と立派な歯でイカ、エビやカニなどの甲殻類も食べてしまいます。

サワラは漢字で「鰆」と書きますが、実はもうひとつ「狭腹」という漢字もあります。この「狭腹(サワラ)」が名前の由来と深く関係しています。

サワラは細長い体をしているので「狭い腹」から「狭腹」と呼ばれるようになったといわれています。サワラの若魚、サゴシも 「青箭魚」 のほかに「狭腰」と書きますが、これも「腰回りが狭い」ということでこの漢字が用いられました。

ふたつの旬をもつサワラ

サワラの旬っていつか知っていますか?「魚へん」に「春」と書いて「鰆(サワラ)」なのですから旬は「春」のような気がしますよね。

それも間違いではないのですが、実はサワラの旬は12月から2月にかけての「冬」なんです。冬にとれるサワラは「寒鰆(かんさわら)」といいます。

関東でとれる寒鰆は脂がのっていてマグロの中トロに匹敵するくらいの高級魚ともいわれています。特に、新鮮なサワラの刺身は「刺身の王様」といわれるほど美味しいのだそう。ぜひ一度食べてみたいものです。

ではどうしてサワラの漢字には「春」という字がはいっているのでしょうか。

サワラは春になると産卵のため瀬戸内海に集まります。このことからサワラは関西で「春を告げる魚」といわれて親しまれているのです。

たくさんとれる春の旬と脂がのり美味しくたべることのできる冬の旬、サワラにはふたつの旬があるということなんですね。俳句でも「鰆」は春の季語として、「寒鰆」は冬の季語として使われているんですよ。

それって本物のサワラ?サワラでも種類はいろいろあります。

サワラはスズキ目サバ科に属する魚と説明しましたが、その後さらにサワラ属のサワラと分類されます。

この中のサワラ属という種類は全世界で18種類いるといわれています。

日本の近海でもサワラの他に、ヨコシマサワラ(横縞鰆)、ヒラサワラ(平鰆)、ウシサワラ(牛鰆)、タイワンサワラ(台湾鰆)と4種類のサワラ属の仲間がいます。この4種類はどれも食用とされていますが、やはりサワラの方が味が良く高級とされているため、サワラはこれらとわけるように「本サワラ」とよばれることがあるようです。

スーパーでサワラを見つけたときはぜひ表記のしかたをチェックしてみてくださいね。もしかしたらサワラではなくサワラ属の他のサワラかもしれませんよ。

まとめ

「青箭魚」の読み方、答えは「サゴシ」でした!

1. 「サゴシ」はサワラの若魚のときに呼ばれる名前。

2. サワラは泳ぎの得意な肉食の魚。「狭腹(サワラ)」の名前の由来が細長い見た目から。

3. サワラの旬は「春」と「冬」のふたつ。新鮮なサワラの刺身は絶品!

4. サワラの中でも種類がある。「本サワラ」と書かれているもの探してみよう。

サゴシもサワラも酢の物やカルパッチョ、煮つけ、竜田揚げなどたくさんのレシピがあります。

サワラは高級といわれていますがサゴシはリーズナブルで家計にやさしい魚です。

たんぱく質やビタミン、カリウムなども含まれていて栄養価たっぷりなのでぜひオススメしたい食材です。

-料理, 雑学・豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イカの数え方、「1匹」と「1杯」どちらが正しいの?

イカを知らない人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?最近ではイカが主役のゲームも流行っていますよね。ちょっと昔にはイカが主役の『侵略!イカ娘』というアニメが放映されていたことも。 イカは世界の海に …

肺魚って何?どんな魚?その驚きの生態と飼育方法までご紹介!

皆さん、「肺魚」って聞いたことありますか?鯛とかヒラメとかは知ってるけど、「肺魚」ってなかなか聞かないし、それって魚の名前?分類?っていう感じですよね。 そんな耳慣れない「肺魚」についてご紹介していき …

バフンウニとムラサキウニ、高級なのはどっち?

お寿司で美味しいウニ、ウニがたっぷりのったウニ丼なんてたまらないご馳走です。 ウニは世界で約900種類、日本でも約160種類いるのですが、日本で食されているウニは大きく分けて2種類あります。それがバフ …

回転寿司で人気の寿司ネタ、実は「代用魚」!? サーモンやハマチ、エンガワも?

「お寿司」と聞けばご馳走のイメージがありますが、回転寿司店が全国にできたおかげでかなり気軽に食べられるものになっていますよね。 100円寿司も今や珍しくはありませんが、その安さの影で活躍している「代用 …

日本人はエビが大好き。でもそのエビが養殖・輸入されているって知っていましたか?

エビをつかった料理といえば、お寿司にエビフライ、エビチリ、シーフードパスタ、海鮮丼など、たくさんのメニューが浮かんできます。私は天丼が大好きでエビ天の本数が増えれば増えるほどテンションがあがるのですが …